競売物件を手に入れるエキスパート集団の存在!

費用の問題

競売物件を効率良く確実に手に入れるために力を発揮する競売代行サービス。しかし、このサービスを利用するためには費用がかかります。ボランティアではないので、当然といえば当然ですが、このことを把握しておかなければ無用なトラブルを生み出しかねません。便利な競売代行サービスを使うことによってどのような費用がかかるのでしょうか。

まず、競売代行サービスを利用するためには業者と契約をする必要があるため、その契約料を払わなければなりません。また、無事に物件を落札することが出来た場合には成功報酬としてその落札価格の3パーセント程度を支払うことになります。また、物件の現地調査などでかかった費用などもこちらで負担しなければいけませんし、占有者が立ち退いてくれない場合、その交渉に成功した場合には、成功報酬を支払うことになります。

競売代行サービスを使用する場合には、まず契約料は必ずかかります。落札した場合には成功報酬と調査費用がかかり、占有者とのトラブルがある場合には、このトラブルを解決するための成功報酬も準備する必要があります。競売物件はお買い得な物件であることも多いため、このような費用も差し引いた上で利用を考えるのが賢い選択だと言えるでしょう。